フォトショップ 使い方マニュアル

Adobe PhotoShop の基本の使い方 〜 テクニック・便利素材の紹介

カスタム検索

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

プラスチック風文字の作り方 [テクニック] Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

画像(240x240)

プラスチックのようにツルツル、ピカピカな質感の文字を作成しましょう。

1)テキストの入力

画像(320x240)

新規作成で新しいウインドウを作成します。
今回の例では(320px × 240px)で作成しています。
テキストツールで文字を入力しましょう。ここではImpactの250pxを使用しています、カラーは水色(33FFFF)を指定しました。

2)光彩(内側)の適用

画像(320x240)

【レイヤー】メニューの【レイヤースタイル】から【光彩(内側)】を選択し上記図のように適用します。

画像(320x240)

文字の縁が黒っぽい感じになります。

3)ベベルとエンボスの適用

画像(360x400)

【レイヤー】メニューの【レイヤースタイル】から【ベベルとエンボス】を選択し上記図のように適用します。

4)ベベルに輪郭を適用

画像(320x115)・拡大画像(360x130)

つづけて【ベベルとエンボス】の【輪郭】のチェックをオンにし上記図のように適用します。

画像(320x240)

ツヤツヤの光沢感がでました。もう一息です。

5)コピーを作成

画像(320x240)

CTRLキーを押しながらJキーを押してコピー画像を作成します。

6)境界線を描く

画像(320x240)

元画像に対して【レイヤー】メニューの【レイヤースタイル】から【境界線】を選択しカラーを上記図の場所からスポイトで抽出して適用します。

7)境界線にベベルとエンボスを適用

画像(360x400)

つづけて【ベベルとエンボス】を選択し上記図のように適用すれば完成です。

画像(320x240)

Posted by MIKI

トラックバックURL

http://h-matsuda.com/photoshop/tb.php?ID=12

フォトショップバージョン5.1サービスパック3を使用しています。
2)の段階で文字のふちがぼけた感じにならず普通に黒く縁取りした感じになります。
どうしたらいいのでしょう?

moimoi 2009年10月02日 18時28分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO TUTORIAL

切手風のエッジ

切手風のエッジ

プラスチック風文字の作り方

プラスチック風文字の作り方

メタル文字の作り方

メタル文字の作り方

泣いた瞳と涙を描く

泣いた瞳と涙を描く

web2.0風な光沢感のあるロゴ

web2.0風な光沢感のあるロゴ

簡単に作れる金塊風ロゴ

簡単に作れる金塊風ロゴ

レイヤーの描画モードを使ってエッジを作成

レイヤーの描画モードを使ってエッジを作成

カラフルなテキスト用レイヤースタイル

カラフルなテキスト用レイヤースタイル

床に反射するテキスト

床に反射するテキスト

背景をぼかして被写体を目立つように

背景をぼかして被写体を目立つように

パターンでモザイク風画像

パターンでモザイク風画像

レイヤースタイルの基本 その1

レイヤースタイルの基本 その1

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007 PhotoShop 使い方マニュアル All rights reserved.